1.不幸の知らせを受けたら

初七日までは、「御霊前」
初七日から四十九日までは、「御香典」
その後は、「御仏前」

2.香典

a.

不祝儀袋に入れるお札は新札を避ける
新札以外のあまり汚れていないお札を選び包む。
新札しかない場合は、新札の縦方向に一本折り目を付けてから入れる。

b.

不幸の時の表書きは薄墨で書く
書道の墨を薄く擦るか、市販の不祝儀袋専用の薄墨ペン、または筆ペンに少し水を付けて書く。

c.

内袋にも住所、氏名、金額を書く
内袋の表に金額、裏に住所、氏名。

d.

不祝儀袋の裏側は
「目を伏せて悲しみを表す」の意味で、不祝儀袋の裏側は上側が下側にかぶさるようにたたみます。

e.

お通夜とお葬式どちらに持っていくのか
どちらに持参してもよいのですが、両方に列席する場合は通夜に持参した方がよいようです。
その場合、告別式の受付では「お通夜に伺わせていただいたので」と一言告げて記帳だけしましょう。
注:香典返しにお礼は不要?
二度あってはならないことにお礼を言うのは不吉、ということからお礼は言いません。

3.参列のマナー

a.

通夜、告別式のどちらに参列するかは、故人との交際の度合いで決めますが、親しく交際していたのであれば両方に出席するようにしましょう。

b.

すぐに弔問できない時は、まず弔電を打ち、代理人を立てるなり後日伺うようにするなりして、電話でのお悔やみは避けましょう。

c.

通夜ぶるまいをすすめられた時は、固辞せずに箸をつけるのがマナーです。

d.

親族以外の通夜や告別式には子供連れはできるだけ避けたいもの。どうしてもの時は、予め子供にお別れの意味を話して、やたら騒いだり、泣いたりしないように気を付けさせましょう。

e.

告別式では、焼香を済ませた後もできるだけ残って出棺まで見送ります。霊柩車に棺を納めるときは、黙礼をし、走り始めたら合掌や黙とうをしながら見送りましょう。



真言宗 諏訪山荘厳寺
〒287-0003 千葉県佐原市佐原イ1110
TEL:0478-54-3722 FAX:0478-54-3722
E-mail : rynemoto@apricot.ocn.ne.jp
Copyright(C)1999 Suwasan Syougonji Temple. All rights reserved.