平成11年3月1日(第1号)

仏教語一口メモ

<山門>

山門なんてしょっちゅう耳にしている言葉だし、どこが仏教語なの?と思われる方が多いと思います。
もちろん、どなたもご存じのように、お寺の門のことです。

ところがこの山門、実は<三門>と書くのが正しいんです。三門とは、<空門・無相門・無作門>の三つの解脱門のことを言います。





<四天王>

四天王というのは、ある組織の中で、トップを除いて四人の優秀な人物を意味するわけですが、もともとは、柴又の帝釈天に仕える四人の神様を四天王と言ったんです。

その四天王の名は、持国天(じこくてん)、増長天(ぞうちょうてん)、広目天(こうもくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん=多聞天)と言います。




真言宗 諏訪山荘厳寺
〒287-0003 千葉県佐原市佐原イ1110
TEL:0478-54-3722 FAX:0478-54-3722
E-mail : rynemoto@apricot.ocn.ne.jp
Copyright(C)1999 Suwasan Syougonji Temple. All rights reserved.