由縁 菅谷不動尊縁起 交通案内 境内の桜
 
『荘厳寺由縁』


 本尊不動明王。開基は寛永18年となっていますが、境内に永禄年間の板碑があり室町時代に遡れると郷土歴史家は言います。

 かつては真言宗豊山派に属しており、佐原市牧野にある観福寺の末寺でありましたが、平成8年1月単立となりました。

緑 豊かな境内

 伊能家の氏神・諏訪明神が佐原村の鎮守となり、その別当寺として開基されたものと思われます。

 明治の廃仏棄釈まで佐原市新宿の祭礼に重要な役割を果たして来たことが祭礼文書等によってわかっております。


 また、当寺には寛政年間の大般若経六百巻があり、各巻の表紙裏の寄付者名によって、当時の佐原市・新宿地区のおおよその世帯を伺い知ることができます。

 幕末の2度の火災と、維新後の廃仏棄釈によって、廃寺の危機を迎えましたが、町内横宿・大和屋佐藤氏等の尽力により菅谷不動尊勧請に成功しその堂宇再建とともに廃寺を免れました。


 昭和27年、諏訪山上の現在地に堂宇を移転しました。その後20年間の無住と混乱を経て昭和47年、第二十八世就任により寺檀一丸となって寺門興隆に努めております。

 境内に国重要文化財・木造十一面観音立像を安置し、平成元年9月国県市の補助を受けて収蔵庫が完成しました。


 寺域は約1町歩を有し、境内の一部は佐原公園となっており、桜の名所ともなっています。

 江戸時代にはしばしば文人墨客が訪れ、諏訪山からの眺望を賞で詩作を楽しんだといわれています。

御詠歌

   南無不動諏訪の山にぞ月澄みて
         まことの光世々を照らさん

深緑の佐原公園



 
『菅谷不動尊縁起』


抑も菅谷不動尊は印度の仏師ビシュカツマの作にして三国伝来の尊像にして日本三不動の一なり。
比叡山無動寺に安置せられること三百五十年、時に護持の僧頼朝公の叔父君護念上人専心修行の折、一夜の夢に尊像現れ我が首を持ちて廻国修行すべし、吾が住まらん地にぞ至るべしと。
即ち上人御首を笈に納めて行脚すること数月、越後国蒲原郡菅谷の里に至りて忽ち霊感を得て庵を結び一宇を建立し尊像を安置し奉る。
建久三年弥生の月雷電走りて伽藍悉く焼失す。
時に近隣の田螺こぞりて尊像を守護し奉る。
時に荘厳寺第二十四世順敞和尚彼の地より尊影を請じ奉り衆生結縁の為に開扉せらる。
尊影忽ち大威徳を現じ大光明を放ちて衆生を照らし給う。
即ち大衆感嘆の声止まらず恋慕渇仰の声天地に満つ。
茲に篤信の者彼の尊像の御分容を迎え奉りて一宇を建立し永く当地に妄置し奉るべしと。
即ち明冶十八年十一月八日菅谷寺経応和尚尊像を擁護し来りて安置し奉る。
時に尊像姿色清浄光顔巍々として大光明を放ち給う。
満堂の善男善女等しく随喜し長跪合掌して御名を唱うれば忽ち天地震動す。
夫れ心水浄ければ万象明かなり無相法身虚空同体なれば住所なし。
但衆生心想の中に住し給う。
尊い哉明王諸願成就諸魔を降伏して諸難を退け、即身に法如を証せしめ給わんことを。 敬て白す。



 
『交通案内』


詳しく見たい方はクリックして下さい

**********

お車でお越しの方は、
東関東 大栄IC
より
鹿島方面へ15分

電車でお越しの方は、
JR成田線佐原駅より
徒歩10分

**********



真言宗 諏訪山荘厳寺
〒287-0003 千葉県佐原市佐原イ1110
TEL:0478-54-3722 FAX:0478-54-3722
E-mail : rynemoto@apricot.ocn.ne.jp
Copyright(C)1999 Suwasan Syougonji Temple. All rights reserved.